レンタルオフィスの選び方(その5) 立地・路線で選ぶ

東京を代表するレンタルオフィスを紹介します。

HOME > レンタルオフィスの選び方(その5) 立地・路線で選ぶ

立地・路線で選ぶ (レンタルオフィスの選び方 - その5)

レンタルオフィスが多いエリア・立地条件

多くのレンタルオフィスは、東京では青山、銀座、日本橋、霞が関、新橋、新宿などの一等地とされるオフィスエリアに立地しています。地方都市では、県庁所在地の官庁街や繁華街に集中しています。

ユーザーがレンタルオフィスに求めている一番のニーズは、「グレードが高い立地にできるだけ安くオフィスを開設したい」ということでしょう。ビルオーナー側にも空室が目立つ古いオフィスビルの稼働率を高めたり、坪単価を向上させたいというニーズがあり、そこでレンタルオフィス事業者がその両者の間に入ってサービスを提供しているという構図になっています。そのため、新しく開発されたオフィスエリアの新築のオフィスビルよりは、一等地に建つやや古めのオフィスビルをリノベーションしてレンタルオフィスとして活用するケースが多いです。

立地による分類

やはり圧倒的に都心部に対するニーズが高く、実際にレンタルオフィスも集中しているのが現状です。例えば東京なら、港区、千代田区、中央区、渋谷区、新宿区といったエリアです。普通にオフィスを借りるには高額な場所(例えば東京の銀座や青山など)でも、レンタルオフィスなら比較的安く借りることができます。

ただし行政機関や大学などが運営しているレンタルオフィスは、立地がリサーチパーク内や大学構内などに限定されます。また最近では、古い学校や行政が所有しているビルの再利用としてレンタルオフィスやインキュベーターが設置されることもあります。

エリア・市区町

このサイトでは、「エリア」と「市区町」でレンタルオフィスを検索することができます。「エリア」とは、例えば「青山・表参道エリア」のことです。「青山・表参道エリア」には港区と渋谷区が含まれ、港区には「青山・表参道エリア」と「銀座・有楽町・新橋・浜松町エリア」が含まれます。

このように、このサイトではエリアと市区町を分けてレンタルオフィスを探せるようになっています。「港区の住所がどうしても使いたい」という場合もあれば、「青山エリアなら港区でも渋谷区でもどちらでもよい」という場合もあると思います。借りる方のニーズに合わせて上手に探してみてください。

最寄駅・路線

このサイトでは、最寄駅や路線名でレンタルオフィスを探すことも可能となっています。東京はそれぞれの街がとても接近しているので、ちょっとだけ範囲を広げたり、隣の駅で検索したりと色々な探し方をすることで、意外と便利なところにお得なレンタルオフィスが見つかることもあります。

スポンサード リンク